車の疑問のひとつ、中古車と車検について

ヘッドライン

soukoukyori

走行距離

中古車にはほぼ必ず走行距離の記載がある。一般的に…
  • 基本

    kihon
    車検とは、自動車検査登録制度という制度の…
  • 廃車

    haisya
    車検に通過できなかった車は、廃車となる可…

新着情報

2013/10/15
走行距離を更新
2013/10/15
基本を更新
2014/01/23
廃車を更新
2014/02/06
事故車を更新

走行距離

中古車にはほぼ必ず走行距離の記載がある。一般的に数万キロ走っている車は使い込まれているという認識になるため、…続きを読む

制度

seido

日本では車検と呼ばれる検査制度があり、クルマ所有者はこの検査を2年ごとに受ける義務がある。
車検の切れた車を運転することは禁止されており、道路交通法違反となる。
どうしても乗らなければならない状況の場合は、役所に申請し仮ナンバーと呼ばれる一時許可証をつける必要がある。

中古車の場合、販売時に車検の有無が書かれているが、殆どの場合販売されている車両の多くは期限切れである。
検査ありと検査なしの違いは、自分で車検に出すか、店側に代行してもらうかの違いである。
また、数ヶ月だけ期限が残っているケースもある。その場合はその期限がくるまで走行し、その後自分で検査に出すことが多い。
時折期限内でも、販売店が代行し検査に出すというサービスも存在する。

車種

syasyu

クルマには種類があるが、極めて大きな違いは輸入と国産である。
輸入の場合は海外基準で作られているため、国産とは違った扱いをしなければならないことが多い。
たとえば輸入スポーツカーはガソリンがハイオクであることがほとんどであったり、車高が低いためわだちの上を走ると底部をこすってしまうというトラブルも発生しやすい。
また、輸入の特徴に左ハンドルがあるが近年は日本向けに製造された右ハンドルの輸入も多い。

ほかにはエンジンの大きさが挙げられる。
大きさによって使用目的が変化することも多いが、クラシックカーやビジュアル重視で購入する場合はこの限りではない。
エンジンの大きさを表す数字や記号は、エンブレム横などに記されていることが多い。

中古

中古車とは、前所有者がいたり走行距離が長い、内部の老朽化が進んでいるクルマである。
殆どの場合は前所有者がいるタイプを指すが、希に売れ残って十年ほど経過した新車も中古車と呼ぶ事例がある。
事故に遭い修理したものは事故車と呼ばれ、中古車とは別扱いされる為、基本的に中古とは使い古されたタイプであると言われている。

中古のメリットは値段が安いということである。販売の際には駐車場に並べるように陳列され、フロントガラスの部分に値札が飾ってある。
販売店の中には、輸入タイプのみを陳列していたり、ひとつのメーカーのクルマのみ販売するところもある。
規模も、大規模なものから小規模なものまで様々である。チェーン店として全国に展開する店が多いが、中には町工場などで検査に通過できなかった場合などに、工場で保有しているクルマを販売することもある。

購入する以外にも、知人にクルマを譲り受ける場合も中古扱いとなることが多い。


合宿免許で短期で免許を取得!|日本合宿免許予約センター